学校説明会

お受験リユース専門店アビルーズです。

ゴールデンウィークも終わり、小学校の学校説明会やオープンキャンパスなどが毎週末目白押しです。
お教室の授業もこなし、さらに学校説明会へも出席となり、お母様だけではなくお父様も奮闘されていることでしょう。
学校説明会はお子様が参加できないケースが多いので、親御様のどちらか、または、お婆様などにも協力を仰いでいるご家庭が多いようです。

弊店で最近売れているのは、お子様の学校見学用のウェアと、お母様の濃紺のワンピースです。
お母様のワンピースはホームページ上でご紹介するとすぐになくなります。
お教室や先輩のお母様からお薦めされるのは、普段は着用することがない濃紺のシンプルなワンピース。
3月・4月頃から既にアンサンブルをご用意されていて、ワンピースだけをこの時期にお召しになるお母様もいらっしゃいますが、最近は、ワンピースだけは別に購入してお召しになるパターンが多いようです。
お客様のお話ですと、
『少し寒いときはアンサンブルを着用しますが、先日の夏日のようなときは汗が気になって厚手のウール地のワンピースを着るわけにはいかないので、ウールに拘らず2着ほど用意したい』
ということでした。

まだ面接の段階ではないので、ポリエステルや薄手のサマーウールなどを検討されているようです。ポリエステルの場合はホームクリーニングが可能なものもありますので、汗をそれほど気にしなくてもよいかと思います。
10月や11月向きのアンサンブルのワンピースは、ウール100%が主流ですので、そのワンピースをこの時期にお召しになると、脇汗により、裏地に汗シミができたり、生地がヨレたりしてしまいます。
お買取のときに思うのは、ジャケットはしっかりしていて極美品なのに、ワンピースが残念!なコンディションになっていることが多々あります。
デパートでのアンサンブルのお値段は、殆ど¥100,000以上なので極力高いお値段でお買取させて頂こうと思っても、汗ジミ跡が白く残っていたり、半袖の下から脇のラインの生地が波打っている状態(ヨレ)があるため、なかなかよいお値段をお付けすることができません。
弊店ではスーツやアンサンブルのほどんどは提携のクリーニング店でドライクリーニングをしますが、汗シミはドライでは除去できず、特殊な水洗いをして頂いております。ウール地には水は禁物なのでクリーング店も神経をピリピリさせて処置をしています。
このような特殊加工をお願いすると、クリーング代だけで¥3,500以上かかってしまうため、買取のお値段に反映されてしまいます。

このような状況を考えますと、暑い時期の学校訪問時はウールではなく、ポリエステル地でもよいかと思います。
確かにウールの方が高級感がありますが、ウールを着て大汗をかくより、薄手のポリエステル地で涼しい状態で参加されてみてはいかがでしょうか。

昨年の夏は東京はいつまでも梅雨があけずに涼しかったようですが、弊店がある京都の昨年の夏は、連日35℃を超える『油照り』でした。
そのためか、関西圏のお母様からお買取させて頂くのはポリエステル地のワンピースが70%になっています。
但し、面接のときはしっかりウール地のアンサンブルやスーツをお召しになっているようです。
お色は、『濃紺』が主流なので外せないと思いますが、生地はもう少し緩やかにお選び頂いてもよろしいかと思います。

どうぞ涼しい顔で説明会に臨んで下さいませ。

スポンサーサイト

模試が始まりました

お受験リユース専門店アビルーズです。

今月から首都圏小学校入試実力判定グレードテストや各お教室での模試が始まりました。
毎週日曜日は何らかの模試が入っているようです。

「模試には何を着せればいいの?」というご質問は何回か頂いております。
まだ模試であって、本番ではないものの、ある程度本番に着用する服装に近いスタイルの方が無難なようです。

昨年宝仙学園で行われた模試の見学に行ってきました。
その時はペーパーと行動観察のテストだったせいか、ポロシャツ+ベスト+キュロットorハーフパンツというスタイルが大部分でした。
お色は白と紺という組み合わせが大多数でした。暑がりのお子様は途中でベストを脱いでいました。

その時に気になったのは足元です。シューズが脱げそうになったお子様や、踵を折っていたお子様がおりました。
フィットしたシューズ(上履き)でないと、走っているときに脱げそうになってしまったり、きついと思うように動けません。
甲部分をマジックテープで留めることができるデザインが安心です。
本番までにはまだ半年以上ありますので、きっと途中でサイズアウトすると思います。お子様は靴のフィット感をうまく表現できませんので、お母様が時々チェックして頂きたいと思います。

ソックスは原則的には「白」です。それも本番に向けてワンポイントや柄が入っていないシンプルなソックスをお勧めします。

模試の時期のお洋服やシューズはあまり神経質になる必要はないと思いますが、小さいお子様ながら、他のお子様とあまりにも異なるスタイルですとそちらに気が行ってしまい、テストに集中できません。
周囲からあまり浮かないお洋服を選んで下さい。
また、夏の間に5歳のお子様は急に成長することが多いようです。本番用のお洋服はきっと現在よりワンサイズ大きくなるのではないでしょうか。
従いまして、模試の時期は普段お教室で着ているものか、弊店のようなリユースショップで購入したお洋服で十分だと思います。
夏の終わりの写真撮影を行う頃に本番用のお洋服を揃えても遅くはありません。

ご質問などがございましたらご遠慮なくメールまはたお電話下さい。

行動観察用キュロットスカート・パンツ選び

お受験リユース専門店アビルーズです。

今回は、行動観察用のキュロットスカートとハーフパンツについてひとこと

お受験用のキュロットやハーフパンツを製造している主なところは、
ファミリア
ミキハウスコレクション
マムエモア

があります。

ファミリアの場合は、コットン95%、ポリウレタン5%のお品物で、キュロットスカート(ラップキュロット)¥10,584、ハーフパンツは¥10,260という、値段設定です。

キハウスコレクションは、アクリル70%、ウール30%のお品物で¥7,560程度です。

お受験用品専門店のマムエモアは、ポリエステル73%、レーヨン22%、ポリウレタン5%のお品物で¥5,292となっております。

ということで、ファミリアのみが¥10,000を越していますが、素材の大部分がコットンのため、お教室や模試などで頻繁に使いますと、かなり色褪せしてしまい、以下のような状態になります。
    DSC00014.jpg      DSC00015.jpg

上の写真のように、ファミリアのコットン素材のパンツやキュロットはゴムの凹凸部分、ポケットの縁などが白っぽくなってしまいます。これはお洗濯15回程度のものです。
コットン素材は汗を吸収し、お肌にも優しいのですが、コットン特有の性質のため色褪せが際立ちます。
これでは試験本番には…と考え、本番前にもう1着購入される方が多いようです。

これに対し、ミキハウスコレクションマムエモアの化学繊維(ポリエステルなど)が含まれる製品は、コットン素材に比べて色褪せしにくく、試験本番前にもう一度購入する必要がありません。
キュロットスカートやハーフパンツは、汗をかく行動観察や体育科目の練習や模試の度にお洗濯する必要があります。お洗濯をどんなに丁寧にしてもファミリアの場合は色褪せしてしまいます。

また、お受験用のお洋服のブランドとして、parents dreamがあります。
最近のキュロットスカートを見る限り、とても肌触りがよく、色褪せしにくい素材が使われていますので、お勧めです。
parents dreamのお品物は、デパートで期間限定で販売されます。常設ではないようです。

他に色褪せしにくい素材のブランドとしては、Dressageやmille feuilleがあります。

お受験用のブランドとしては圧倒的なバリューがあるファミリアですが、コットン素材のお品物を選ばれるときは、他のブランドもチェックしてみてはいかがでしょうか。

因みに、弊店でのお買取りの場合、新品価格では最も高いファミリアでも、上の写真のような色褪せがありますと、お値段が付かない場合が多々あります。すなわち、中古品としては価値がないと判断しております。

今年の素敵な出会い

お受験リユース専門店アビルーズです。

今年も沢山のお母さまと幸せな交流ができました。
皆様本当にありがとうございました。

中にはお電話で1時間ほどお話が弾んだお客様も…
お受験の洋服の話に始まり、志望校、そして十数年後の大学のお話まで…
皆様素敵なお母様ばかりです。

特に、弊店でご購入頂いたお洋服で試験に臨み、見事合格!となったお客様からのお電話は最高でした。
大きなインパクトがあるエピソードを一つ。

弊店から購入された体操着(勿論「中古」)を慶応幼稚舎の試験のときにお召しになったそうです。
お教室でその体操着を着て指示行動をしていたとき、「完璧だね!」と先生からお褒めの言葉を頂いたので、本番のとき、少々短くはなっていたものの、その体操着で試験を受けて合格
実はその体操着は、前のオーナーのご子息がやはり試験本番のときお召しになっていて、慶應幼稚舎にご縁を頂いたものでした。
「合格は伝染する?」
と思いました。運気が体操着に宿っていたのでしょうか。
お客様にそのお話をしましたら、「¥3,200で合格したようなものです。」と仰っていました。
実際にはそのようなことはなく、親子で日々精進された結果です。

慶應幼稚舎は三田会に通じる第一関門で、裕福なご家庭のご子息・ご令嬢が集まるところ、というのが通説です。
そのようなご家庭のお母様が弊店のようなリユースショップを利用する???
確かに16年間慶應で学ぶということはかなりの経済力が必要になります。

上記のお母様とのお話にも出てきましたが、16年間通わせるために削れるところは削り、必要なものにはお金をかけるというスタンスでないと持続できないだろう、ということでした。
合格されたお子様も優れていますが、そのお母様もチャラチャラしたマダムということではなく、お子様の将来のビジョンを今から堅実に練っているのだと感心させられました。

加えて、弊店にお受験のお洋服をお譲り頂く方々のご家庭のご職業も多様ですが、中でも弁護士などの士業、お医者様、国際機関勤務、総合商社等、所謂エクゼクティブエリートのご家庭の方が多々いらっしゃいます。
(これはお買取りさせて頂く際に提出頂いている健康保険証などで知り得ます。秘匿性の高い個人情報なので厳重に管理させて頂いております)
お受験のときにお使いになったお品物は無駄にせずに、リユースに循環させるというポリシーがとても素敵です。
よくお金の価値をご存知だと思います。

限りある資源をリユースにより有効に活用する、という考え方がお譲り頂くお客様、そして、そのお品物をご購入頂くお客様の両方になければ、弊店のようなリユースショップは成り立ちません。
私どもはこのような素敵なお客様に支えられております。

今年も1年間ご贔屓を賜りまして心より感謝申し上げます。
来年も、縁起の良いお品を介して皆様のお役に立てるように努力してまいりますので、よろしくお引き立て下さいますようお願い致します。





“祝合格!!”

お受験リユース専門店アビルーズです。

10月中旬頃から関西圏、今月に入って首都圏からも続々と合格!」のご報告を頂いております。
皆様本当におめでとうございます。
長期に亘るご苦労が報われましたね。

弊店で購入して下さったお洋服で本番に臨んで頂いたようで、リユースのお洋服でも立派に合格を勝ち取ることができる、ということを実証して下さいました。
要するに、お洋服の新しい・古いは関係なく、お子様とお母様の能力の高さあっての合格です。

幼稚園や小学校入試はゴールではなく、中学校・高校・大学と先に控える難関も見据えていなくてはなりません。
教育にはお子様への投資という大きなお金がかかってまいりますので、抑えるところは抑える、という感覚でないとこれから大学までの16年間を乗り切れません。

合格発表の後には制服採寸が待っています。入学金、校納金など出費が続きます。
私立の小学校には入学までに制服以外にもバッグや体操着、コートなど指定用品が必要になります。
ひと昔前は裕福なご家庭のご子息・ご令嬢のものであった私立小学校も現在は、少子化の影響で様変わりしていて、富裕層だけをターゲットにしていては経営が立ち行きません。
今では普通のサラリーマン家庭のお子様たちが大多数を占めています。
そうしますと、お子様に掛けてあげられるお金は限られてきます。
このような状況において、弊店を利用して下さるお母さま方はとても賢明で、家計もきっちり管理していらっしゃるのだろうと思います。

11月からお教室の新学期が始まりました。
年が明けますと、新年長さんの模試も始まります。
本番の雰囲気に戸惑わないように早くからお受験スタイルで通塾したり、模擬試験会場に赴くことも多くなります。
本番まであと約1年ありますが、この間にお子様は能力だけではなく、体もぐんと伸びます。早くからデパートで新品を購入されても本番の時期には小さくなってしまうことが多々あります。

お受験準備期間を前半・後半に分け、前半は弊店のようなリユースショップを利用し、伸びしろが見えた後半に新しいものを購入するなど工夫をしてみて下さい。
お受験のお洋服はカジュアルのお洋服のようにヘビーローテーションにならないままサイズアウトしてしまいます。
その場合は処分せずに是非弊店にお譲り下さい。

2019年度志望校合格に向けて頑張って下さい。
もし、お洋服のことでお困りのことがございましたらご遠慮なく、お電話やメールでお知らせ下さい。
お受験経験者のスタッフが全力で対応させて頂きます。

次回は、どのブランドの何を購入すればよいかというテーマです。価格を含めてご紹介しますのでしばらくお待ちください。